千葉県で心に残る葬儀をする

千葉県で葬儀をする際、多くの場合は通夜式と告別式を行い、その内容も地域の風習などは取り入れず、都市化された葬儀内容になることも多くなっています。

《関連リンク》意外と知らない?お通夜・告別式・葬儀の違いとは–>http://www.best-manner.com/manner/sougi/tsuya_kokubetsu.html

葬儀といえば、大体どれも同じような内容でしょうと思っている人も少なくないと思いますが、実は葬儀に決まりなどはなく、故人らしいもしくは故人の希望する葬儀を行っても全く問題はありません。

故人が希望する葬儀があるのであれば、生前にエンディングノートにどんな葬儀にしたいかということを書め留めておくといいでしょう。

葬儀にはどんな人に声かけてほしいか、遺影に使う写真はどれがいいか、弔辞を読んでくれる人は誰に頼みたいか、葬式はどこでしたいか、祭壇はどのようなタイプにしたいか、返礼品はどうしたいかなど、細かいことを決めておくということは残された家族にとっても納得できる最後のお別れがしやすくなるのではないかと思います。

最近では無宗教葬をする人も増えていて、演出として音楽を流したり、故人とゆかりのある人に生演奏してもらうという様な葬式も見られます。

また、故人が何かを製作していたりしたのであれば、遺品としてメモリアル展示コーナーを設けたり、メモリアルムービーとして会場で流したりする演出もあります。

その他、棺が祭られる祭壇ですが、花祭壇といって故人の好きな花で祭壇を作るという様なこともできます。

千葉県で心に残る葬儀をしたいのであれば、生前に故人の希望を聞いておく、故人の好きなものや残したものの思い出で演出するなどもおすすめです。