千葉県の葬儀に参列したことがありますか?

葬儀に参列したことのある人はいると思いますが、それぞれの地域で違う葬儀を経験したことのある人もいるのではないでしょうか?

葬儀の様な儀式は地域によって昔から伝わるしきたりが残っているところもあるので、知らないシーンを見ることもありますよね。

千葉県の葬儀でも、地域によっては昔からのしきたりが残されているところもあります。

千葉県は東京へのアクセスが便利になったり、東京のお店が進出したりと都市化が進み、葬儀においても随分と変化があるものの、一方でその地域に長く住んでいる人が多いところでは若い人もそのしきたりを受け継ぎ、昔ながらの葬儀の様式が見られます。

◆地域に根付いた千葉県での葬儀なら【博全社】がオススメです。

今でもよく見られるしきたりとして、近隣の住民の集まりが葬儀を手伝う葬式組があります。

近所の方が亡くなられたら、葬式組は仕事も休んで葬家に行き、葬式の準備やお寺への連絡、食事の用意などをします。

また、通夜式の後、告別式の朝までの間、棺の側でろうそくや線香の火を絶やさない様に寝ずの番をする夜伽という行為もあります。

最近では斎場で葬儀を行うケースが多く、防犯防災のために夜伽ができないこともあるのですが、自宅で葬儀を行える様な地域では夜伽をしている様です。

その他、長寿を全うされた故人の葬儀では紅白のひもを通した五円玉を袋に入れて配る長寿銭というしきたりなどもあります。

千葉県の葬儀では、昔ながらのしきたりである葬式組の存在や夜伽、長寿銭などが残されている地域もあります。